Top Page  ボディビル選手権大会・結果レポートの表紙へ  ウエイトトレーニング&フィットネスの表紙へ


ボディビル大会の審査基準・採点方法


審査基準

コンテストでは、以下のような点を評価されます。

(1)筋肉の発達度
いかに筋肉が多く、脂肪が少ないか。また、筋肉の輪郭がはっきりと見えること。

筋肉の大きさ(バルク)と、筋肉の輪郭(デフィニッション)は、最も目につく部分であり、この点の評価は順位を大きく左右します。

(2)全体の均整度
各筋肉の大きさのバランスがとれているか。

肩や胸は十分な大きさがあるのに、それに対して腕が細いとか、上半身に比べて脚が細いなどの偏(かたよ)った発達の仕方は審査員の評価を下げてしまいます。身体の各パーツがいかにバランスよく均等に発達しているかを見られます。

(3)色・肌の美しさ

(4)ポージングの美しさ

(5)マナー


フリーポーズでは、なめらかな動き、筋肉の見せ方、観客へどれだけアピール出来るかが評価の対象となります。
 



採点方法・・順位の決定

予選の開始から、最終的な順位の確定まで、審査は大きく3つの段階に分かれます。

(1)予選でのピックアップ
(2)予選での順位付け
(3)決勝での順位付け


の3つです。このうち、「予選での順位付け」と「決勝での順位付け」を合計して、最終的に表彰式で発表される順位が決定します。

ここでは設定として、出場選手が15人で、6位までが入賞という大会を想定して進めていきます。

(選手の名前はABC、審査員の名前は図形の名称でつけました。審査員は7人です。) 



(1)予選でのピックアップ





























合計
A選手 4
B選手 2
C選手 7
D選手 5
E選手 1
F選手 1
G選手 5
H選手 1
I選手 2
J選手 0
K選手 0
L選手 7
M選手 0
N選手 6
O選手 1

ピックアップとは、出場者を入賞者の数だけに絞ることをいいます。
この場合、15人を6人に絞ることになります。

審査員が、それぞれの手元にある審査用紙に自分が選んだ6人を記入していきます。

印がついているものが、その審査員が選んだ選手です。

それらを一覧表にすると、左のようになります。

「合計」の欄の数字が、その選手が獲得した、審査員からの票です。

この数字が多い者、上位6人が決勝進出者となります。

この場合、赤い字になっている選手がそれに当たります。


たまに同点が出て、上位6人ではなく、7人や8人になってしまった場合、同点同士の選手だけが呼び出されて、再び審査が行われ、あくまでも6人に絞られます。

ピックアップが終わって、決勝進出者が決定すると、ここからは選ばれた6人だけの審査となります。

次に行われるのは、この6人に1位から6位の順位をつける審査です。


決勝進出者は、赤い字になっている選手である

A選手(4点)
C選手(7
D選手(5
G選手(5
L選手(7
N選手
(6

となりました。 



(2)予選での順位付け




A選手 6位
C選手 1位
D選手 3位
G選手 5位
L選手 2位
N選手 4位
ここから先は、ピックアップによって決勝進出が決まった6人だけの審査となります。

順位付けは予選と決勝とで、それぞれ行われ、両方の結果を合計して最終的な順位が決定されます。

まず、予選での順位付けです。自然体(リラックスポーズ)と基本ポーズの審査によって6人の選手たちに順位がつけられます。

それぞれの審査員が自分の判断に基づいて順位付けを行い、最後に審査員全員の結果が集計されます。

審査員の1人である、丸審査員は左のように順位をつけたとします。




 

これに他の6人の審査結果も加えて一覧表にしたものが以下の表です。





























合計

予選
の点数)
A選手 6位 5位 6位 6位 6位 5位 6位 29
C選手 1位 1位 2位 1位 1位 2位 1位
D選手 3位 4位 5位 3位 4位 6位 4位 20
G選手 5位 6位 4位 4位 5位 4位 3位 22
L選手 2位 2位 1位 2位 2位 1位 2位
N選手 4位 3位 3位 5位 3位 3位 5位 18

選手の側から見て、「合計」の欄が、その選手の点数となります。

合計とは、自分につけられた順位の合計ですから、この点数が少ないほど、それぞれの審査員から上の順位をつけられたということになります。

ただし、全部合計するのではなく、最高と最低の数字が一つずつ、それぞれ計算から除外されます。

表の中の青い太字の数字が計算対象外に当たります。


この中で一番点数が少ないのは、1位と2位ばかりをつけられたC選手の6点です。

逆に一番点数が多いのは、ほとんどの審査員が6位をつけたA選手で、29点です。

ピックアップの時は、合計の数字は「審査員からの獲得票」でしたので、多いほど上位と評価されたということになりしたが、順位付けでは、数字の意味が反対になり、低いほど上位の評価を得たということになります。


合計

予選
の点数)
A選手 29
C選手
D選手 20
G選手 22
L選手
N選手 18

上記の、予選の順位付けの表で、選手の名前と点数だけを抜き出したものが左の表です。

予選の順位付けは、この点数を確定したところで終了し、これが予選の結果となります。

これに決勝審査の結果を加えて最終的な順位が確定します。



 



(3)決勝での順位付け

決勝審査では、一分間のフリーポーズによる審査が行われます。

予選での順位付けと全く同様に、それぞれの審査員が、全員のフリーポーズが終わった時点で選手に順位をつけていきます。

その結果が以下のようになったとします。





























合計

決勝
の点数)
A選手 5位 5位 6位 6位 6位 4位 6位 28
C選手 1位 1位 1位 1位 1位 2位 1位
D選手 3位 4位 5位 3位 3位 6位 5位 20
G選手 6位 6位 4位 4位 5位 5位 3位 24
L選手 2位 2位 2位 2位 2位 1位 2位 10
N選手 4位 3位 3位 5位 4位 3位 4位 18

予選でつけられた順位と、決勝でつけられた順位は、それほど極端な差は出ません。

審査員が、予選で6位をつけて、決勝で1位をつけるというようなことはほとんどなく、3位と4位が入れ替わったり、4位と5位が入れ替わったりするくらいの差となります。

予選の順位付けと同様、合計の点数を集計します。

予選の順位付けと同様、最高と最低の数字は一つずつ計算から除外されます。青の太字が計算対象外の数字です。

 



最終的な順位の確定

予選の順位付けの点数と、決勝の順位付けの点数を合計します。

合計

予選
の点数)
合計

決勝
の点数)
総合計

予選と
決勝
の合計点数)
 確定順位
A選手 29 28 57 6位 
C選手 11 1位 
D選手 20 20 40 4位 
G選手 22 24 46 5位 
L選手 10 19 2位 
N選手 18 18 36 3位 

前述しましたが、順位付けにおける点数とは、審査員がそれぞれの選手につけた順位をたしたものですから、この数字が少ないほど上位に評価されたということになります。

点数の少ない者から順に1位・2位・・と順位が確定され、この確定順位によって表彰されます。

1位・C選手(11点)
2位・L選手(19点)
3位・N選手(36点)
4位・D選手(40点)
5位・G選手(46点)
6位・A選手(57点)




※日本ボディビル連盟の「選手権大会審査結果一覧表」では、結果はゼッケン順ではなく、確定順位順に並び替えて発表してあります。




Top Page  ボディビル選手権大会・結果レポートの表紙へ  ウエイトトレーニング&フィットネスの表紙へ

 


inserted by FC2 system