Top Page  ボディビル選手権大会・結果レポートの表紙へ  ウエイトトレーニング&フィットネスの表紙へ


JBBF ボディビル選手権・西日本ブロック大会歴代優勝者





ミスター西日本

1974年 第1回 知名  定勝 沖縄
1990年 第17回 太田 孝久 福岡
1975年 第2回 奥田  孝美 広島 1991年 第18回 白川 義礼 高知
1976年 第3回 牧島 進一郎 福岡 1992年 第19回 小役丸 博 福岡
1977年 第4回 森田 茂 広島 1993年 第20回 儀間 光広 沖縄
1978年 第5回 金城 正秀 沖縄 1994年 第21回 有門 准一 福岡
1979年 第6回 金城 正勝 沖縄 1995年 第22回 片井 忠 福岡
1980年 第7回 森田 茂 広島 1996年 第23回 片岡 俊和 岡山
1981年 第8回 小山 裕史 鳥取 1997年 第24回 川口 干晶 岡山
1982年 第9回 粟井 直樹 岡山 1998年 第25回 丸川 洋 岡山
1983年 第10回 松原 博 大阪 1999年 第26回 財前 友津 福岡
1984年 第11回 亀山 芳信 岡山 2000年 第27回 今村 拓夫 鹿児島
1985年 第12回 山崎 努 愛知 2001年 第28回 片川 淳 山口
1986年 第13回 長友 泰彦 宮崎 2002年 第29回 西島 範之 福岡
1987年 第14回 宮本 萬造 愛媛 2003年 第30回 片川 淳 山口
1988年 第15回 島袋 正和 沖縄 2004年 第31回 増田 仁 長崎
1989年 第16回 比嘉 盛達 沖縄 2005年 第32回 吉山 潤一 長崎

2005年までは、西日本の対象エリアは中四国・九州・沖縄となっていました。このエリアを対象とした西日本大会は2005年で終了し、2006年からは対象エリアを拡大して中四国・九州・沖縄に加え、関西・東海も対象となり、新たに第一回目の大会としてスタートしました。第2回大会のみ階級別で行われました。

2006年 第1回 奥村 武司 大阪
2015年 第10回 嶋田 慶太 福岡
2007年 第2回 オーバーオール 武田 正 静岡 2016年 第11回 オーバーオール 奥田 純也 岐阜
65kg以下 田代 圭 愛知 60kg以下 赤澤 範昭 広島
70kg以下 井上 裕章 静岡 65kg以下 加藤 昌平 愛知
75kg以下 加藤 武 愛知 70kg以下 五嶋 弘美 福岡
75kg超 武田 正 静岡 75kg以下 松尾 幸作 愛知
2008年 第3回 Mark Deyss(マークダイス) 大阪 75kg超 奥田 純也 岐阜
2009年 第4回 中武 克雄 大阪 2017年 第12回 赤澤 範昭 広島
2010年 第5回 山崎 岳志 大阪
2011年 第6回 平田 隆  京都          
2012年 第7回 浅野 喜久男 愛知          
2013年 第8回 辻田 勲 大阪          
2014年 第9回 猿山 直史 大阪          



ミス西日本

1983年 第1回 粟井 幸子 岡山
1995年 第13回 中澤 美子 岡山
1984年 第2回 神田 美栄子 福岡 1996年 第14回 佐藤 芳恵 福岡
1985年 第3回 神田 美栄子 福岡 1997年 第15回 松永 智奈美 福岡
1986年 第4回 遠藤 文恵 宮崎 1998年 第16回 安藤 保子 烏取
1987年 第5回 神田 美栄子 福岡 1999年 第17回 鶴田 直美 福岡
1988年 第6回 恵良 律子 大分 2000年 第18回 西嶋 ルミ子 福岡
1989年 第7回 茂利 春美 熊本 2001年 第19回 前田 洋江 福岡
1990年 第8回 板倉 栄子 広島 2002年 第20回 北山 道子 岡山
1991年 第9回 古賀 瑞穂 鳥取 2003年 第21回 中村 絵理 福岡
1992年 第10回 小原 陽子 岡山 2004年 第22回 船木 郁子 広島
1993年 第11回 富浦 ひとみ 福岡 2005年 第23回 杉内 京子 福岡
1994年 第12回 田附 充子 福岡

2005年までは、西日本の対象エリアは中四国・九州・沖縄となっていました。このエリアを対象とした西日本大会は2005年で終了し、2006年からは対象エリアを拡大して中四国・九州・沖縄に加え、関西・東海も対象となり、新たに第一回目の大会としてスタートしました。

2006年 第1回 今村 直子 大阪
2012年 第7回 加藤 文子 愛知
2007年 第2回 今村 潤子 大阪 2013年 第8回 大森 樹理 大阪
2008年 第3回 辻 紀子 三重 2014年 第9回 堀 結華 広島
2009年 第4回 児島 多賀子 大阪 2015年 第10回 大森 樹理 大阪
2010年 第5回 遠藤 桂生美 鳥取 2016年 第11回 新開 由佳 大阪
2011年 第6回 神田 知子  大阪  2017年 第12回 野間 春美 大阪



このページの先頭へ




ミス健康美西日本オープン

2011年 第1回 160cm以下クラス : 磯野かおる(兵庫)
164cm以下クラス : 杉浦能理子(京都)
164cm超クラス  : 河島るみ(愛知)
2012年 第2回 160cm以下クラス : 水野文江(愛知)
164cm以下クラス : 杉浦能理子(京都)
164cm超クラス  : 加藤文子(愛知)
2013年 第3回 160cm以下クラス : 遠藤 桂生美(鳥取)
160cm超クラス  : 神谷 美由起(岐阜)
2014年 第4回 西島 里紗(さおり)(福岡)



しまなみ選手権

1999年 第1回 亀山 芳信 岡山
2001年 第3回 小野 篤人 岡山
2000年 第2回 只信 弘樹 岡山 2002年 第4回 田辺 昌義 山口



しまなみ選手権・マスターズ

40歳の部
2001年 第1回 囲辺 昌義 山口
2002年 第2回 囲辺 昌義 山口
50歳の部
2002年 第1回 加藤 道治 山口
60歳の部
2002年 第1回 山野井 恒裕 広島



中国五県選手権・オーバーオール
※オーバーオール = 各クラス別の優勝者の中から更に優勝者を決めること
1986年 第1回 亀山 芳信 岡山
1995年 第10回 川口 千晶 岡山
1987年 第2回 下地 武光 鳥取 1996年 第11回 亀山 芳信 岡山
1988年 第3回 森田 茂 広島 1997年 第12回 鹿村 啓一 岡山
1989年 第4回 新木 鐘義 岡山 1998年 第13回 河口 清春 山口
1990年 第5回 板倉 訓 広島 1999年 第14回 片川 淳 山口
1991年 第6回 岸本 正治 岡山 2000年 第15回 岸本 正治 岡山
1992年 第7回 中山 勇 鳥取 2001年 第16回 長田 哲也 鳥取
1993年 第8回 丸川 洋 岡山 2002年 第17回 赤澤 範昭 広島
1994年 第9回 片岡 俊和 岡山

2003年からは中四国選手権となります。

中四国選手権・オーバーオール

2003年 第1回 芝原 茂樹 徳島
2011年 第9回 村重 典昭 山口
2004年 第2回 市川 正博 徳島 2012年 第10回 片岡 敏徳 岡山
2005年 第3回 小野 篤人 岡山 2013年 第11回 木村 和昭 岡山
2006年 第4回 亀山 芳信 岡山 2014年 第12回 神田 優作 愛媛
2007年 第5回 中山 勇 鳥取 2015年 第13回 赤山 享 岡山
2008年 第6回 木村 善幸 岡山   2016年 第14回 江川 裕二 広島
2009年 第7回 大石 真治 岡山   2017年 第15回 谷口 誠二 鳥取
2010年 第8回 河村 秀美 広島          



中四国オープンメンズフィジーク

2015年 第1回 ヤングクラス(18-29歳) 住永 一真 兵庫
ミドルクラス(30-39歳) 北野 大輔 鳥取
ナイスミドルクラス(40-49歳) 伝 秀明 広島
マスターズクラス(50歳-) 赤木 淳一 岡山
2016年 第2回 170cm以下級 佐藤 智胤 広島
170cm超級 鞍掛 祥久 広島
2017年 第3回 170cm以下級 竹井 祐二 広島
170cm超級 柏原 健志  広島
         



中四国オープンフィットネスビキニ

2015年 第1回 160cm以下級 森 伸子 鳥取
160cm超級 加藤 智子 愛知
2016年 第2回 163cm以下級 田中 優希 香川
163cm超級 坂本 愛美 愛媛
2017年 第3回 163cm以下級 藤岡 由香里 山口
163cm超級 久米 亜寿香 広島



ミスター山陰

1993年 第1回 中山 勇
2004年 第12回 亀家 浩一
1994年 第2回 青山 純二 2005年 第13回 石王 覚
1995年 第3回 安本 英一 2006年 第14回 中山 保世
1996年 第4回 長田 哲也 2007年 第15回 木村 勝典
1997年 第5回 福永 満敏 2008年 第16回 北野 大輔
1998年 第6回 高野 隆 2009年 第17回 木下 要介
1999年 第7回 平田 康彦 2010年 第18回 土江 誠
2000年 第8回 八尾 裕治 2013年 第19回 谷口 誠二
2001年 第9回 西本 憲司 2015年 第20回 門脇 祐二
2002年 第10回 米田 彰弘 2017年 第21回 中嶋 吏
2003年 第11回 竹歳 朋晃        
2011年、2012年、2016年は開催されませんでした。


山陰ミス健康美

2005年 第1回 安藤 保子
2009年 第5回 遠藤 柱生美
2006年 第2回 森 伸子 2010年 第6回 遠藤 柱生美
2007年 第3回 松本 和子
2008年 第4回 藤田 朱音


ミス健康美中四国オープン


2013年 第1回 遠藤 柱生美

2014年 第2回 160cm以下級 : 森 伸子(鳥取)
160cm超級 : 新田 京子(広島)



山陰ミックスドペア

2009年 第1回 米田 彰弘
森 伸子




2010年 第2回 米田 彰弘
森 伸子













Top Page  ボディビル選手権大会・結果レポートの表紙へ  ウエイトトレーニング&フィットネスの表紙へ 

inserted by FC2 system